便利なLED電球、上手に選んで活用しよう!

LED電球、本当に普及しましたね!

近年、人々のエコ意識の高まりとともにLED電球が普及してどこの電器店でも数多く販売されています。比較的安価な電球型蛍光灯もありますが、人気があるのはやはりLEDタイプのものです。様々な大きさや色のものが多くのメーカーから販売されていて、お店に行くとよりどりみどりで目移りしてしまいます。LED電球はかつて主流だった白熱電球と比べて電気代が安くて長持ちすると宣伝されていますが、便利な点が多いことも人気の秘密のようです。

発熱量が少ないのもLEDの魅力です。

LEDのメリットとして代表的なのは電気消費量が少ないことと長持ちすることですが、点灯時の発熱量が少ないのもLEDの大きな魅力といえるでしょう。熱くなりにくい特色が活きる場面は非常に多く、特に昭和に建てられたような古い家屋でLEDは大活躍します。例えば、天井の低い部屋の照明や台所で手元を照らす灯りとして大変便利です。発熱の多い電球だと、部屋に熱がこもったり誤って手が触れてやけどをするリスクがありますが、LEDならそれほど熱くならないので安全に使えますよ。古い家屋の場合は裸電球のソケットが使われ続けていることも多いので、古いソケットがそのまま使えるのも便利です。

LEDを活用するコツってなんだろう。

電気代が安くなって便利なLED電球、もっと色々な形で活用したいものですね。そのためには、自分の使い方に合ったものを選ぶ必要があります。一般的なLED電球は白い光のものが多いですが、古くからの電球の方がなじむような場所なら温かみのある電球色の物を選ぶと違和感なく使えますよ。また、天井に吊って部屋の照明に使いたい場合はある程度の明るさが必要なので、少し高価になってしまいますが明るいものを選ぶ必要があります。その際、ワット数でなくルーメンという単位の数値が高いものを選びましょう。

LED電球は光が拡散しにくいことから明度が高く、特定の場所を強く照らすのに適しています。また、使用中は紫外線が殆ど発生しないので屋外で使用しても虫が集まりにくいのが大きな利点です。

通販をもっと上手に活用!お得なショッピングの為に
中途採用社員を効果的に育成する研修を実施する