生活のスタイルによって色々な照明を使い分ける

蛍光灯の利用と日本人の生活

日本では日常生活は蛍光灯です。最近はLEDライトの利用もエコのために増えてきましたが、普通の丸い蛍光灯が二つあるデザインの蛍光灯は日本人の家庭では普通です。海外では、ちょっと黄味がかった電球やデザイン性のある照明インテリアの文化が発展していますが、日本ではカバーこそ和風から洋風、色々ありますが、そんなに凝る文化は根ざしていません。冬には家に帰って暖かい大きなこたつとパッと一眼で昼間のような明るさになる蛍光灯の電源を入れるのが一般的といえます。

女優と照明の角度による見え方

マイケルジャクソンは、インタビューの際などには自分の美容整形した顔が、美しく見える照明の角度や明るさを自分でコントロールしていました。日本の有名女優にも、化粧だけでなく照明にうるさい人がいます。人一人一人の顔には、立体的な事情と皮膚感など、見え方によって美しくみえたり、ましてやブルーライトなどでは、幽霊のように見える効果があります。自宅の照明も、普通の女性なら自分が美しく見える明るさと虹彩を少しは研究したいものです。時々携帯を夜に見ている人がいて、暗い空間に顔だけ浮かび上がってびっくりしますが、人間の顔とその見え具合に、照明は一役買っています。

照明と温度感の効果と感覚

温かみのある灯、涼しい灯など、照明には色々な効果があります。和風の木造りの家には、温かみのある自然光のような黄味がかった照明が似合いますが、一方、和洋折衷など新しいシンプルな家には蛍光灯が明確になんでも把握できて合うのかもしれません。実際に照明には温度があります。日焼けサロンなどの照明は肌を焼く程度のものですから、温度感といってもばかにできません。人の瞳によって、蛍光灯の灯が強すぎると感じたり、またランプなどでは暗すぎてなんだか嫌だという人もいますが、照明は各部屋に必要ですから、その空間の利用法によって選びたいものです。

白熱電球からLEDタイプの電球や蛍光灯に変えると大幅な電気代カットにつながりますので、メインで使っている白熱電球等の照明を最初に交換してみる事をおすすめします。


講演を依頼された!即席講師になる場合の注意点

あわてず参加者の属性を調べて起承転結を考える

講師などやったことがない人が突然講師を依頼されることがあるかもしれません。どんなことにも初めてはありますし、依頼されるからにはその人に是非話をしてほしいことがあるということですから、まずはあわてずに参加者の属性を確認しましょう。男性女性の比率、会社員なのか違うのか、年齢層はどうかなどの属性が違えば、当然受講者が興味を持つ内容も変わります。その属性を踏まえて起承転結のストーリーを考えることがスタートです。

体験談を入れると興味を持ってくれる

ストーリーができたら、講演内容についての不安がだいぶ小さくなるでしょう。その次は、その話しを興味を持って聞いてもらう工夫をします。専門用語はできるだけ平易な言葉に置き換え、解りにくい部分は受講者の属性に合わせて例え話を入れるといいでしょう。さらに興味を持って聞いてもらうためのとっておきの工夫がありますが、それは、体験談を効果的に入れることです。体験談を入れることによって、その人にしかできないオリジナルの講演になります。

上手に話す必要はまったくない

こうして講演の準備はできたとしても、当日上手く話すことができるだろうかという不安は消えないでしょう。しかし、上手く話すことに対し不安になる必要はありません。ある程度声は大きくする必要がありますが、立て板に水のごとく話す必要などまったくなく、むしろ、とつとつと話す人の講演がかえって興味を引く場合もあります。ようは、自分の言葉で話し、話を聞いてもらうという姿勢が大事なのです。初めての講演を終えた頃には成長した自分を実感できることでしょう。

講演依頼とは、ホールや会議室などで講演を企画する際に、講演をしてほしい人物へ、講演をしてもらえないかとお願いすることです。